ボランティアで社会貢献

海外ボランティア留学で異文化コミュニケーション

自分の視野や考え方を広げてみたいと思うのなら、狭い日本を飛び出してみることが一番です。特に海外の方と深く関わりあいコミュニケーションをとりたい場合には、普通に海外の学校に通い語学を学びに行くという方法ではなくボランティアをする目的で留学する方法が向いています。
ボランティアを目的とした留学制度の中で、海外の方と多く接することのできる種類は日本語教師のアシスタントなどになります。海外では日本の漫画や音楽の人気の高まり、経済的チャンスのある日系企業での就職希望などから日本語を学びたいと思っている方が多いです。日本語を学びたいと思っている人々に日本語を教える日本語教師は、外国の方と深く関わり合うことが可能です。
日本語教師のアシスタントのボランティアの利点は、自分が教えるに対して自分が外国の方に教えられるという所にもあります。学習を通して異文化コミュニケーションが成り立つので、とても実りの多い経験ができます。

留学先でボランティアをしよう

日本でも少しずつボランティアをする人が増えてきましたが、海外ではさらに多く人が参加しており、すでにライフスタイルに溶け込む存在になっています。海外では所得格差が日本よりも広がっており、学校に通えない子供がたくさんいます。その子供たちに勉強を教えるボランティアが求められています。公用語は英語ではない国もありますが、留学することで現地の言葉を身につけることができます。さらにボランティアに参加することで人の役にたつことができます。様々な国から留学にきている学生とも出会うことができますから、ボランティアを通じて国際的な交流を深めることができ、視野が広がります。言語を学ぶためには、地元の人たちと交流することが一番の近道でもあります。会話をすることで、ヒアリング力を高め、積極的に話そうという気持ちを持つことができます。留学すれば勉強できると同時に、人の役に立つということで充実した日々を送ることができるでしょう。

check

2018/5/22 更新