ボランティアで社会貢献

仕事復帰の前に!人気のボランティアをしてみよう

専業主婦を長年されていた方で、これから再び働きたいけれど「外で働く」ことのブランクがあるので不安を持っている人も多いのではないでしょうか。
ブランクへの不安があるのなら、実際に仕事をする前にボランティアをしてみることをおすすめします。ボランティアはたくさんの人と交流するので対人関係のコミュニケーション能力を養うことができ、物事の段取りや順序も考えて活動を進めなくてはいけませんので仕事への良い慣らしとなります。
種類も色々とありますが、最近人気を集めている農家の野菜を売る朝市のお手伝い、留学生の方の相談役などは特に仕事に役立つでしょう。朝市のお手伝いは販売も行いますので対面販売の経験になり、留学生の方の相談役は海外の人との接し方の経験になり外資系企業で働きたい場合に面接時のアピールできるポイントにもなります。人気のもの以外にも、老人ホームでのお手伝い、公園のお掃除活動なども。いずれも良い経験になります。 ボランティアはやりがいもあり、仕事の慣らしの他に自分のしたいことの一環にもできます。

人気のボランティアをするのは

ボランティアも、21年前の神戸の震災以来一般的になりました。 ほとんどの場合、誰でも何か人の役に立ちたいと考えるからです。
そして、困っている人を見ているとお手伝いをしたいと思いボランティアをする人は毎年増加しています。
今は、天災だけでなくさまざまな分野で募集をしています。
その中でも、やはり人気があるものはいくつかあります。
有名な大都市でのマラソンなどは、とても人気が高くボランティアを希望しても早く人員が集まるためにできないこともよくあります。
まず、希望したものがある場合には、事前にその詳しい情報を集めることです。
申し込みの期日などを知っておくと、比較的早く申請ができるので希望が通りやすくなります。
ただ、あくまで善意の行動なので自分のわがままではなくそのイベントなどの意向を重んじることは大切です。
ボランティアの精神は、してあげると言うものではなくさせて頂くというのが基本になっています。
あくまで、自分が希望して行動していることを忘れないことです。

pickup

胡蝶蘭を飾る

最終更新日:2019/3/15